今週見た動画31

デレステMAD】Selfish【宮本フレデリカ

デレステMAD。人工知能着色使ってるらしいんですけれど淡い感じがメッチャおしゃれですね。フレデリカ可愛い。

 

【東方MMD】レミリーVSフランプ 前編

東方MMD。タイトルの一発ネタかと思いきや内容意外としっかりしてて面白かったです。

 

ポケモンSM】自分で開催!?第1回グラカップ①【仲間大会】

ポケモン対戦動画。仲間対戦機能を使った大会動画です。ケケンカニキッズに流石に笑いました。

 

おまけ

デレステMAD】Chim Chim Cher-ee【Sweet Witches' Night】

Sweet Witches' Nightがディズニーっぽいって話があったので突貫で作ってみました。チムチムチェリーです。ワルツだと「いつか王子様が」とかの方がディズニーでは有名な気がしますけど曲的にはこっちの方があってる気がしますね。

今月見た動画1

誰も見ていないところで週2回その週に見た動画をまとめる記事を書き続けているんですけれど今年から毎月それのまとめも作っていこうと思います。適当にまとめてたら全部アイマスの動画になりました。

 

デレステMAD】BANG!

おしゃれMV。切り抜きの仕方から背景の色使い、歌詞の見せ方、曲とのシンクロ全部好きです。

 

【MAD】resurrection.【THE IDOLM@STER

こちらもMV。上と違ってかっこいい系ですね。765のアニメがふんだんに使われていて楽しい作りになってます。

 

天海春香のtokyo smiling

30秒M@ster。これもオシャレ系ですね。短い時間ながら春香の魅力が詰め込まれてる感じがあってよかったです。

 

村上巴「あ゛ぁ゛?……ん…あん?…んぁんぁんんんっ!!」+α

一人合作。一人合作ブームもだいぶ落ち着きましたね。クオリティはともかく一人合作はアイドルをプロデュースしてる感があってよかったですね。これはクオリティの面でも凄かったです。

 

アイドルマスターxモーニング娘。'16 「泡沫サタデーナイト!

ハロプロM@STER。765はやっぱりモー娘。と合いますね。あとプロデューサーミーティングの映像見たときにも感じましたけどプラチナスターズのグラ凄すぎ。

 

【東方風アレンジ】BEMYBABY

東方風アレンジ。全部アイマスって言いましたけどこれは一応アイマス関係ない動画でした。アレンジが1種じゃなくて色々あるのがよかったです。

 

菜々レボリューション17

音MAD。アイマスモー娘。は合いますね(2回目)。原曲は2000年なんで17歳だと生まれた年ですね。なんでもないです。

 

【踊ってみた】Yes! Party Time!!【Liberation】

 踊ってみた動画。Yes!Party Time!!はMVがVRでしか見れないからダンスコピーするのも大変そうですよね。一人一人のフォーメーションダンスっぽくて好きです。

 

 

おまけ

こんな動画作りました。よかったら見てください。

今週見た動画30

ココロジョジョル第4部

ジョジョ音MAD。毎部恒例となってますね。4部はキラークイーン戦の盛り上がりがアツくて最高ですね。5部もアニメやるんですかね?ゲーム版のCVそのままでミンゴスが出てくれたら個人的には嬉しいです。

 

【東方MMD】東方戦車道 <冒頭映像先行公開版>

東方MMD。クオリティ高すぎですね。これだけでも十分すごいのに本編を制作中ということで期待せずにはいられません。ガルパンも東方も好きなのでめっちゃ楽しみにしてます。

 

天海春香のtokyo smiling

アイマスMAD。こちらは今週行われていた半”分”-half minute-というニコマスイベントからの1作。メッチャおしゃれな構成で春香の魅力が20秒に詰め込まれてるって感じでした。

 

おまけ

【MAD】正義とアクチュエータ【IDOLM@STER】

久しぶりに動画投稿しました。figmaを使ったPVです。フィギュア買うの初めてだったんですけれどクオリティの高さに驚いたのでこっから765アイドルとかシンデレラガールズとか集めていって動画作れたらいいなと思ってます。

今週見た動画29

【MAD】resurrection.【THE IDOLM@STER

正統派MAD。アニマス、シャイニーフェスタ、劇場版と惜しむことなく素材を使っていてひき込まれます。曲の疾走感と映像がマッチしていて最高。出演は765だけで昔ながらの王道MADって感じでとっても好きです。

 

【宵乙女】三船美優さんは怒り慣れていないかわいい

アイマス紙芝居。宵乙女は大人組ということで人気ですね。飲酒アイドル最高。

批判するって難しい

はじめに

最近絵本が無料になった話が色んなところでもちきりですね。主にネット界隈だけですけれど。

まぁこれに関して個人的にどう思ったかみたいな話をすると声豚だから声優が叩かれたのがあんまり気に食わなかったぐらいしかないんですけれどTogetterとかを見てると様々な意見が出てます。

ただどれ見てもしょうもないなとしか思えないんですよね。

僕は心情的には批判的な立場なんですけれどTogetterとかで見る批判って全然批判になってないと思うんですよね。これについていろいろ考えていきたいと思います。

 

なぜダメなのかを説明する

まず批判するにはこれが必要です。

togetter.com

例えばこのまとめはTwitterの使い方として引用の仕方が卑怯だという観点で批判してます。これは正当な批判だと思います。なぜなら卑怯だと考えるのは個人の考えですし証明とかしようもないですからね。ただこれは本質的な問題とは別の形での批判になってるのであんまり意味のない批判だと思います。

 

togetter.com

ではこの批判はどうでしょう?無料公開による市場崩壊メカニズムを説明しています。つまり「無料公開」は「市場にダメージを与える」からダメ。という理論です。まぁ僕は経済学部生なので市場崩壊させるということを数式で証明してほしいなと思いますが100歩譲ってそこは置いておきましょう。ここでいう無料公開やダンピングというのは

  • 正当な理由がないのに商品又は役務をその供給に要する費用を著しく下回る対価で継続して供給する行為
  • その他不当に商品又は役務を低い対価で供給する行為(Wikipedia内不当廉売のページより)

 のことを指してると思うのですが、別に絵本はクラウドファンディングでお金を集めてさらに普通に売って儲けているわけで最初からタダで売ってるわけではないのでこのダンピングには当たらないのではないかと思います。無料公開=ダンピング=悪いことという等式のなかの無料公開=ダンピングが成り立たないのでこれも批判としての意味はありませんね。

 

mistclast.hatenablog.com

ではこの批判は?この批判は割と正しいと思います。つまり方法に対する批判ではなく、態度を批判しているからです。どちらかといえばこれも最初の批判に近いモラル的な批判であり個人の価値観での批判だから問題ないと思うのです。

 

じゃぁどう批判すればいいの?

まぁこうなると思う。僕は今の僕の頭では批判できないなと思ったから批判を一切してないのだが例えばこんな形で批判できると考えられる。

 

例1.無料公開ビジネスが1期間では合理的な選択に見えるが繰り返して行われる場合には非合理的だからやるべきではない。

今回の無料公開ビジネスやブラックジャックによろしくの無料公開は成功してるから無料公開は批判できないというのは正確に言えば正しくなく、それによって今回得られる利得+将来的に得られる利得を現在価値で割り引いた値が無料公開しなかった場合よりも大きければ一見合理的でも非合理的であると批判できる。

ただこれは多分無理だと思う。モデルをどう立てても将来の利得の割引率が極めて高かった場合は1期間での利得の大きさが重視されるし、どう考えても無料公開ビジネスは知名度も上がるし将来の利得に+の影響を与える力の方が大きいと考えられるからだ。

先ほどの市場にダメージを与えるから選択した個人も将来マイナスの影響を受けるため合理的ではなくなるという主張も時間選好率の違いで合理性を満たす。

では他のクリエイターの立場にたっての問題はどうだろう?

 

例2.無料公開ビジネスは個人にとっては合理的であるが、他のクリエイターに迷惑だからやるべきではない。

これはモデルを立てれば証明は出来そうである。ただし他のクリエイターに迷惑を与えるが、個人は利益を得るという行動を批判するのも難しいと思う。人に迷惑をかけちゃいけないという観点で言えばいい作品を作ってシェアを伸ばすのも他のクリエイターにとっては迷惑であり、同等に批判されるべき行動となるし、無料公開前と無料公開後の社会状態の変化を社会厚生関数を利用して比較し、特定の基準の下では状況が悪くなってると証明できるだけである。大体他のクリエイターにとっては迷惑かもしれないが、無料公開は消費者にとっては好ましい事象のはず(なのになぜこんなに消費者からもたたかれてるのかは不思議である)なので消費者にとってのプラスの影響とクリエイターに対してのマイナスの影響のどちらが大きいかなどを計算しなければ批判できないだろう。

 

例3.無料公開ビジネスは個人にとって合理的であり、一期間では消費者にとっても良い影響を与えるが、市場にダメージを与えて結果として消費者と他のクリエイターに迷惑をかけるから良くない。

これも頑張れば証明できるかもしれないが僕は面倒くさいからやりたくない。まぁ確かにダンピングとかが起きれば市場は崩壊するかもしれないが、今回のケースはダンピングとは違うと思うので何とも言えない。というか個人的に今回の無料公開ビジネスは販売方法ではなく広告の一種だと考えているので販売方法としての問題提起はあんまり意味が無さそうだと思う。まぁ暇な人はこれを証明してくれるとうれしい。

 

例4.なんか気に食わないから絵本無料公開はクソ。

これは割といいと思う。なぜなら先ほどから言ってるように個人がどう感じたかで批判するのは証明もいらなければ相手からの批判も難しいからである。強いて言えばあくまで個人の感想だから大した意味もないというくらいであろう。

 

例5.みんなが悪いと言ってるから悪い。

これも個人的には面白いと思う。コンドルセ陪審定理という定理があって、簡単に説明すると各個人が1/2よりも正確な判断能力を持っており、個人の人数が十分に多い場合、多数決で判断した結果の正解率は100%となる。という定理である。詳しくは

多数決を疑う――社会的選択理論とは何か (岩波新書)

多数決を疑う――社会的選択理論とは何か (岩波新書)

 

 とかを読んでくれると分かりやすい。なにげなく自分が経済学を習っている先生のステマをしてしまったがまぁそれは置いておいてこの理論に基づけば集団の中で多数が悪いと言ってるから悪いといえよう。これはなかなか面白い着眼点だと思う。とはいえこれに対してもクリエイターの意見は除くべき(利害関係にあるため)だとか、個人は判断が独立でなければいけないためクリエイターのフォロワーの意見も除かなければいけないだとか、そもそもネットはノイジーマイノリティーが多いから批判してるやつらが多数派とは限らないとかいろいろ問題があると思う。とはいえこんな方法もありと言えばありだと思う。

 

おわりに

色々考えたがやはり完璧に批判することは出来なかった。前回の記事で

viola-voila.hatenablog.com

 悪口を言って笑いをとる人間を批判は出来なかったのと同じようにきちんと批判するというのはなかなか難しいのだ。なぜなら人はそれぞれ異なる価値基準を持っており、絶対的な社会の良さを測る基準など存在しないからだ。完璧に批判できる状況というのは誰も損害を受けず全員の状況が今と同じかそれより良くなるという案を提示できる時くらいだと思うし、そんな状況はあまりないのだ。だから個人的には無駄に論理的っぽく批判するのではなく、「自分は気に入らない」とかそういう形で批判したほうがいいとは思った。また各個人の行動によって合理的選択を非合理的にすることは出来るので多数の人間がそういった行動を行えば気に入らない行動を無くすことは出来ると思う。

悪口を言って笑いをとる問題

はじめに

先日、昔入っていたサークルの人たちと食事に行ったのだがここでこんな話があった。

 

「サークルでは「愛のあるいじり」として悪口言って笑いとるのが認められてるけど普通の社会では叩かれるわ(笑)」

 

当たり前だろと僕は思ったが確かに僕が所属していたサークル内では「面白い=正義」のようなルールが課されており他人をいじって(不快にさせたとしても)笑いをとれたら許されるという風潮があった。僕はそういった風潮が嫌だったことなども含めてサークルを退会したのだがこの問題について経済学部生らしく経済学的に考えていきたいと思う。

 

モデル構築

 愛のあるいじり≒悪口を面白いという人は過激な発言をすることが面白いと主張しているのでまずはそれについて考える。以降いじりはすべて悪口と表記する。

x:発言量

f(x):悪口を言った時に期待される面白さ(言われた人以外にとって)

g(x):悪口以外の面白いことを言った時に期待される面白さ

とするとf(x)≧g(x)となるはずである。ここでプロスペクト理論による意思決定メカニズムにおいて面白さ至上主義の人たちは悪口を言うことを選択していると考える。

 

プロスペクト理論とは1979年にカーネマンが提唱した理論である。この理論は期待効用理論では説明できない意思決定に対して合理的に説明するために作られた理論である。詳しく説明すると時間がかかるため簡単に説明すると重要な点は

・人は参照点からの変化を重視する。

・人は利得と損失では損失の方が大きく感じる

・人は確率が提示された時に客観的な確立ではなく、心理的な確立の評価であるウェイト関数を利用する。

といった3点である。

ここで

p(0≦p≦1):悪口を言った時にウケル確率

q(0≦q≦p≦1):悪口以外の面白いことを言った時ウケル確率

とおくとプロスペクト理論を利用して  

f(x)=x^0.88×p^0.61/{p^0.61+(1-p)^0.61}^1/0.61≧g(x)=x^88×q^0.61/{q^0.61+(1-q)^0.61}^1/0.61

とおける。ここで悪口を言われた側はウケてもウケなくても面白く感じないという点も式に組み込むと

f(x)=x^0.88×p^0.61/{p^0.61+(1-p)^0.61}^1/0.61(悪口を言う側),-2.25x^0.88(悪口を言われる側)

となる。

 

ここで社会厚生関数を利用して人々の選択を考える。通常は効用関数を利用して個人は選択を行うと考えられるが、今回は利他的効用関数の代替として社会厚生関数を利用してみる。なぜ社会厚生関数を利用するかと言えば明後日にあるミクロ経済学の試験範囲に社会厚生関数があるからである。社会厚生関数とは社会の良さを表す関数であり、個人の効用が共通の尺度で測られており比較可能という条件下で使われる。

例えば功利主義基準という基準ではすべての人の効用和によって社会の良さを考え、マクシミン基準では効用が最小の人により社会の良さを考える。

功利主義基準で悪口を言うか言わないかを考える人は空間に存在する人数によって悪口を言うか言わないかを選択すると考えられる。これは例えば人数をNと置き、x=100,p=0.8,q=0.6の時、上記の面白さの総和を計算すると

悪口を言った場合 -129.474+(N-1) ×43.8857= -173.36+N ×43.8857

悪口を言わなかった場合 N×35.8373

となりN>21.5397の場合、悪口を言う方が社会的によい状態になるからである。これは芸人などのいじりがこの例では当てはまると考えられる。芸人のいじりはその面白さの受け手がテレビなどを通じて非常に多く、悪口を言われた一人が受ける損失よりもそれを見て面白く感じる人たちの利益の和の方が大きいから芸人のいじりは許されるという考えである。

しかしマクシミン基準で考える人は悪口を言わない。なぜならマクシミン基準では最も効用が低い人の値を利用して社会の良さを図るため、1人が損失を受ける悪口を言う場合よりも誰も損失を受けない悪口を言わない場合の方がよいからである。テレビのいじりが不愉快だという考えの持ち主はこういった考えの人が多いと考えられる。

対照的な考えとしてマクシマックス基準という考えがある。これは最も効用が高い人の値だけを利用して社会の良さを測るという考えである。この基準を持った人は悪口を言う。状況に関わらずである。なぜなら悪口を言ったほうが面白いからである。僕個人としてはどうかしてると思うが、この選択を経済学的に批判することは出来ない。なぜならこの基準を持った人にとって悪口を言うことは合理的な選択であるからである。

このように個人の考える社会厚生関数によって悪口を言うか言わないかの選択が行われるということが分かった。

ここでどうすれば悪口を言う人を減らせるかどうかを考える。これは簡単で悪口を言わないことでウケる確率qをできるだけ悪口を言うことでウケル確率pに近づけることである。これは悪口を言う笑いを社会的に許さないことで簡単に達成できるだろう。これによりp=qとなれば功利主義者も絶対に悪口を言わなくなり、マクシマックス基準の持ち主も悪口を言うインセンティブがなくなる。またq>pとなれば基準に関係なく悪口を言わないことが合理的選択となる。すなわち悪口問題に対する反応として正しいのは悪口を言って笑いをとろうとする人間に対してそれは面白くないときちんと伝えてあげることである。

 

おわりに

僕は最初は経済学を使って悪口を言う人を批判しようと思ってこの記事を書き始めた。ところが経済学では彼らの選択を批判することが出来なかった。なぜなら悪口を言うことが悪いというのはモラルの問題だからである。とはいえ解決策は経済学的に提示できたため、これからは悪口を言って笑いをとろうとしてる人間に対しては面白くないときちんと伝えていこうと思う。悪口問題に関して一人一人でできることは小さいかもしれないがそういった行動が問題解決に役立つと思うので出来るだけ頑張っていきたいと思う。

 

 

行動経済学 -- 伝統的経済学との統合による新しい経済学を目指して

行動経済学 -- 伝統的経済学との統合による新しい経済学を目指して

 

 

社会を数理で読み解く -- 不平等とジレンマの構造

社会を数理で読み解く -- 不平等とジレンマの構造

 

 

今週見た動画28

今週はなんか豊作です。

 

【手描きMAD】求ム VS マイ・フューチャー

アイマス紙芝居。紙芝居と書きましたがめっちゃ動きます。何枚描いてんだコレ……ミリオンの動画はどうしても少なく感じてしまうのでどんどん盛り上がっていくといいですね。

 

THE IDOLM@STER の MUSIC VIDEO

アイマスPV。最初は「THE IDOLM@STER(曲)」のPVかと思ったら岡崎体育でした。ゲームやアニメの動画からニコマス動画までアイマスオールスターって感じで楽しい動画でした。

 

【アイモバi】 貴音と巡る505エリア 【旅m@s】

旅m@s動画。アイモバというアイマスのアプリゲームがあったことを最近の人は知らなそう。全国505エリアを巡業して撮影した写真をまとめた動画ということで各地の名所や旅ならではのエピソードなどがまとめられていておもしろかったです。

 

ハス ハス ハス

アイマス音MAD。しきにゃんは人気ですね。マジでずっと聞いてられるけど多分脳がとろける。

 

【東方風アレンジ】新宝島を東方風アレンジしてみた

東方風アレンジ。sm30454548もおなじ新宝島東方風アレンジなんですけれど個人的にはこっちの方が原作っぽくて好きでした。ZUNペットほんと好き。

 

【Aviutl】Reel2016 (All AviutlUsers) [合作]

モーショングラフィックス。Aviutlは人並みには使えるんですけれどこういう動画見るとレベル違うなって思います。無理にAEとかプレプロとか使わないでもここまでのクオリティの動画が作れるっていうのは凄いなと思います。